コードの基本とかのあんちょこみたいなやつ


はるか昔に書いたメモの写し

■機能和声
トニック(T) → 安定を感じさせるコード。曲キーの音をルートに持つコード、及びその構成音を内包するコード
ドミナント(D) → 緊張を感じさせるコード。減5度の音程を含むコード、及びその構成音を内包するコード
サブドミナント(S) → 本来のトニックをドミナントと見做した時に、仮想されるトニックとなるコード
サブドミナントマイナー(Sm) → サブドミナントのマイナー版、短6度を含む

■和声進行
各コードの機能による、基本的な進行。ただしこれらはあくまで原則であり、ここから外れる進行も時に使われる。
T → D、S、Sm
D → T
S → T、D、Sm
Sm→ T、D
※同機能への進行はいずれも可能
※D → S、D → Sm、Sm → S、は現代では許容されている。
※↑じゃあ全部許容されてるんじゃ…

■トライアド(三和音)
→ 短3度と長3度の音程の組み合わせで3つの音を重ねたもの
メジャー・トライアド → 長3度・短3度 …… C(ドミソ)
マイナー・トライアド → 短3度・長3度 …… Am(ラドミ)
ディミニッシュ・トライアド → 短3度・短3度 …… Bm-5(シレファ)
オーグメント・トライアド → 長3度・長3度 …… ダイアトニックスケールコードには出てこない

■ダイアトニックスケール(全音階)
ピアノでドから白鍵のみで弾いたときのスケール(ドレミファソラシド)=Cのダイアトニックスケール
ダイアトニックスケールコード → ダイアトニックスケールの音を使ったトライアド、もしくはセブンスコード
⇔クロマチック(半音階)

■ダイアトニックスケールのトライアド(3和音)(キーがCの場合)
ド → ドミソ → C
レ → レファラ → Dm
ミ → ミソシ → Em
ファ → ファラド → F
ソ → ソシレ → G
ラ → ラドミ → Am
シ → シレファ → Bm-5

■セブンスコード(四和音)
→ トライアドに、『ルートから見て7度』の音を加えたもの

■ダイアトニックスケールのセブンスコード(4和音)(キーがCの場合)
ド → ドミソシ → C△7
レ → レファラド → Dm7
ミ → ミソシレ → Em7
ファ → ファラドミ → F△7
ソ → ソシレファ → G7
ラ → ラドミソ → Am7
シ → シレファラ → Bm7-5

■シックススコード(四和音)
→ トライアドに、『ルートから見て6度』の音を加えたもの

■ダイアトニックスケールのシックススコード(4和音)(キーがCの場合)
→ セブンスコードの転回形となる。転回前のセブンスコードの機能を併せ持つ。
ド → ドミソラ → C6(Am7の転回形)
レ → レファラシ → Dm6(Bm7-5の転回形)
ミ → ミソシド → C7の転回形
ファ → ファラドレ → F6(Dm7の転回形)
ソ → ソシレミ → G6(Em7の転回形)
ラ → ラドミファ → F7の転回形
シ → シレファソ → G7の転回形

■ブルーノートスケール
→ ダイアトニックスケールに、その第3音、第5音、第7音を半音下げた音を加えたもの
→ ドレレ#ミファファ#ソララ#シ

■ブルーノートスケール特有の音を用いたセブンスコード
→ ブルースではこちらが好んで用いられる
ド → ドミソシ♭ → C7
ファ → ファラドミ♭ → F7


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA