ボカロ曲:おふとんのバラード


作詞作曲:喜兵衛

嗚呼、星が滲み揺れる窓に透けて浮かぶ夜は
いつも貴方を乞い想う
つれない素振りでまたひらりと
私の顔を覆い目隠しするの
くすぐるように、そっと、ふわり

嗚呼、月も恥じらうかのように
真綿の影の裏、少し頬を赤らめて笑う
ふわり、ふわわ

今日も明日も、ずっと傍に居たい
離れたくない、抱かれていたい
ずっと、ずっと

嗚呼、肌にそっと触れる音が
私の耳を撫で、また貴方に潜るの
ふわわ
ふわり
ふわふわ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です